ニキビ 原因

ニキビになる原因や簡単な予防法

ニキビができる原因って肌の上のトラブルと考えがちですが、以外に身体のリズムや生活のリズムの乱れが原因となってる事が多いのです。

 

栄養バランスの偏りやストレスの蓄積など、原因が複雑に絡み合ってる事もあります。

 

 

ビタミン不足からニキビ発症
栄養バランスの乱れが肌荒れやニキビ原因になりやすいと言う事ですが、た結果とも言えます。主な原因は脂肪分や糖分の取りすぎからなるビタミン不足からです。

 

ビタミンの役割は「糖分」「脂肪分」を分解して行く事です。栄養バランスの取れた食生活が出来てる時は問題有りませんが「インスタント食品」や「スナック菓子」を食べ過ぎる事で栄湯バランスが乱れて行きます。

 

ビタミンが不足する事で分解できなくなると、皮脂の分泌増加など肌に悪影響を及ぼし、ニキビが出来やすくなります。

 

肌の乾燥もニキビ原因
肌にうるおいが少なくなるとニキビが出来やすく。

 

うるおいケアが予防になります。

 

思春期ニキビはオイリー肌が原因である事に対して、大人のニキビは肌が乾燥してる事が原因だったりします。

 

大人のニキビ肌によくある症状で肌の表面の乾燥から皮膚が「うるおい」を守ろうとする為に多くの皮脂を出し、これがニキビ原因になります。

 

この様に大人のニキビ予防は、肌を乾燥させすぎない事です。

 

ニキビの原因になりやすい食べ物とは?
ニキビ予防を始めビタミン類の摂取は肌に良いとされてます。

 

では逆にニキビが出来やすくなってしまう食べ物は何でしょう?

 

チョコレートが危険、チョコレートは「カカオ」と「糖分」のバランスによって味付けされてます。カカオを多く使ってるチョコレートはお肌に安全って言われてます。

 

カカオが多く含まれてるか見分けるのは大変です。高級なチョコレート、有名ブランドならカカオが多く含まれてると決めるのは良くない。

 

チョコレートが大好きだと、自然に糖分摂取量が増えてくるので、チョコレートに対して警戒する事は、ニキビ予防になります。