赤ら顔の原因や解決の仕方

赤ら顔の原因や解決の仕方

冷たくて乾燥した空気の中で過ごし、あったかい部屋に入るとまるでリンゴの様に顔が赤くなってしまう事ありますね。

 

毛細血管が赤く浮き出る赤ら顔

 

赤ら顔は皮膚が炎症を起こす為に起こります。肌が乾燥する事やニキビやアトピーで肌が炎症を起す事で防御力が低下して行き、赤くなりやすくなります。

 

赤ら顔は炎症による物なのでちゃんとケアしないと、範囲が広がり悪化し色素沈着を起こす恐れもあります。

 

原因によってトラブル対策が変ってきます

 

ニキビによる赤ら顔

ニキビが悪化し赤ニキビになってしまうとができてしまうと、周辺の皮膚が炎症によって赤くなります。 治りが早ければ炎症も治まり赤さも消えます、しかし今あるニキビが治る前に新たなニキビが出来てしまう状態の繰り返しは、炎症が続くため肌に悪い状態が続きます。

 

大切な事は、ニキビが出来ても肌の炎症を少しでも抑える。

 

炎症を抑える事と正しい洗顔で肌を清潔にして異物混入を防ぐ事、最後に保湿力の高いローションやクリームで、肌バリアのサポートする事で、ニキビの原因になる乾燥や過剰な皮脂分泌を防ぐ事ができます。

 

油分の多い乳液やクリームを使ってしまうと、毛穴を塞いでしまう事があるので注意しましょう。

アトピーによる赤ら顔

アトピー性皮膚炎の辛い所は、いけない事が分かっててもその痒さに耐えられず自分で掻きむしってしまうことによって赤くなる事、一度」負の連載に突入すると困難です。

 

皮膚炎を改善する為には時間をかけてゆっくり直し事、皮膚科で適切な診断と指導を受けステロイド剤などの使用は病院の指示を守りましょう。

 

焦ったり間違った判断は肌を悪化させてしまいます。

 

普段のスキンケアがとても大切、アトピーなど性皮膚炎を起した肌は、セラミドを生み出す能力が弱ってしまってて、異物混入を防ぐバリアの効果も弱ってしまいアレルゲンなど外部から刺激物が付着し免役の過剰反応そして肌の内部の水分が蒸発する為、かゆみを帯びて行きます。

 

セラミド分泌を高める為にはライスパワーNo.11配合の美容液でのお手入れがおススメ、それによりお肌のバリア機能を高め異物の付着を防ぎ、肌のうるおいキープします。

 

赤ら顔の症状はさまざま、それによってケアの方法も違ってくるので何が原因で顔が赤くなったのか理解する事が解決の早道です。

 

⇒ 肌をゆっくりケアして行きたい【オイズ公式】